紬のフェイスケアミトン

紬のフェイスケアミトン ¥3,800
紬のフェイスケアミトン ¥3,800

茨城県つくば市にラボを構える「そのここ」との

コラボレートによるフェイスケアミトン

---  

---

結城紬反物の織り始めには「かしあげ」という部分があります。

この部分は結城紬の証紙を貼っている部位で,仕立て上がりの着物には付いておりません。最初に結城紬反物をご購入された方のみが手に入れることができる希少な部位です。

織り方は,タテ糸を数本おきに浮かせ,そこに束ねた数本のヨコ糸を織り込みます。いわゆる浮き織りの状態になります。

平織りの紬地とはひと味ことなり,手紬糸の肌触りをさらに楽しめる部位とも考えられます。

 

当社ではこの織り方に着目し,フェイスケアミトン専用に布地を織り縫製いたしました。

大きさについても試作を重ね,指3本がちょうど収まってズレにくいサイズとしています。

 

(おそらく)世界で最初に当社が手がけた結城紬かしあげ織りのフェイスケアミトン

どうぞお試しください。

 

 

 試作協力:そのここ  茨城県工業技術センター

■4月18日(木)より再販売はじめました。大変ご迷惑おかけいたしました。

■  フェイスケアミトンの生地を織り始めました。

※ ようやく織りはじめることができました。

 すくい織りと言う技法を用いフェイスケアミトンの生地を織っていきますが、この織り方は、非常にたくさんの糸(真綿)を使用し、また、丁寧に織っております。この後、糊抜きと言う工程を経て当社にて縫製を行いますので、もうしばらくお待ちください。再販売の時には、メールマガジンおよび当ホームページ上にて報告いたします。よろしくお願いします。

フェイスケアミトンの生地です
フェイスケアミトンの生地です
すくい織りと言う織り方です
すくい織りと言う織り方です